経営理念のイメージ画像

Philosophy

経営理念

Philosophy

当社の仕事は製造業、いわゆる「モノづくり」です。それは日本人が得意とする「業」であり、そこにある性質・気質は日本の良き伝統文化でもあります。そんな「モノづくり」を生業とする人というのは、どうつくるか、つまり「モノづくり」におけるこだわりを持っています。

では当社はどうつくるか? それは、

  • 「とにかく丁寧に。」
  • 「よりスピーディーに。」
  • 「遊び心は忘れずに。」
丁寧 スピード 遊び心 とにかく丁寧に細かいところにこそ気配りします 遊び心を忘れずにどうせやるなら楽しく! よりスピーディにゆっくりやれば良い仕事とは限りません

当社はこれら3つの要素を基本コンセプトとし、ひたすらその精度を上げることに努めます。

当社はモノに限らず、ヒト・コトもつくる visionを持っています。 そして、そのvisionを追いかけることで様々なつながりができ、そのつながりを持って社会に貢献していきます。

Vision

「モノ・ヒト・コト」

この3つのvisionでグローバルなモノづくりネットワークをつくる!

  • モノづくり:場所は関係ない!楽しくつくる!

    変わるもの/変わらないもの、変えること/変えないこと。
    世の中が日々変容し、ルール・価値観が変わっていく。
    私達がつくるモノは、それに合わせて素材やデザイン、つくる場所が変わっていくけれど、「楽しくつくる!」という作り手の内面は持ち続ける

    それが私たちの変えないこと。

  • ヒトづくり:つながり・絆を増やす!

    モノづくりとは、ヒトのつながりのバトンリレーである。
    一つの商品をつくるプロセスの中に多くの人がつながり、バトンを次の人に渡していく。
    バトンを絆に置き換えてみると、絆がないとものがつくれないことに気がつく。

    ヒト、つながり、絆。
    全ては喜ばれるモノづくりのために。

  • コトづくり:感動してもらい、応援される!

    なにもたいそれたコトをしなくてもいい。
    相手の期待を1%でも超えたものがあれば、小さな感動がやってくる。

    感動をもらえたら応援したくなる。
    応援されたら嬉しい気持ちになる。

    モノづくりの原動力は感動の中にある。